社会福祉法人 安誠福祉会

スマホメニュー
News

お知らせ

ひなまつりオールスターズ登場

今年も、はにわの里ロビーに、雛祭り七段飾りを用意しました。

まず一段目は、親王(男雛、女雛)です。

 

二段めは、三人官女です。

お行儀や和歌・漢文のたしなみがあります。

左右の女性がもつ銚子は今でも結婚式の三三九度で使われるものだそうです。

三段めが、五人囃子。

選りすぐりの美少年や秀才が集められた「音楽隊」です。

 

四段目は、御殿を守る随身(右大臣と左大臣)。

さて問題です!

向かって右側が右大臣でしょうか?

それとも、向かって左側が右大臣でしょうか?

五段目は、御所の雑用をする従者である仕丁です。

「泣き上戸」「笑い上戸」「怒り上戸」の三人がいます。

 

問題の答えですが、向かって左側が右大臣です。

親王からみて 「右にいるか、左にいるか」 なんですね。

 

初詣に行ってきました ~2019

新年あけましておめでとうございます。

本年も、はにわの里をよろしくお願いいたします。

 

さて、今年も行ってきました、初詣。

北本市の石戸厄除け大師です。

地元では、「両大師」や「大師様」の愛称で親しまれているところなんです。

なんと、創建から約600年もの時を経ているそうです。

由緒ある古刹なんですね。

 

ところで、新年のはにわの里に華を添えてくださるような嬉しい訪問がありました。

職員のお嬢様が成人式を迎えられ、そのままの晴れ姿で、ボランティア訪問してくだ

さったのです。

 

今年も皆様にとってよい一年となりますように。

はにわの里にサンタがやってきた ~2018

今年も、サンタクロースとトナカイには、繁忙の只中に?!

桶川市の川田谷にお立ち寄り頂きました!

 

はにわの里の3Fホールでは、ご利用者様とご家族の皆様に

ケーキとお茶を召し上がって頂きながら、楽しいひと時を

過ごして頂きました。

ご利用者様の普段の様子をスクリーンに映し出すスライドショーが

なかなか好評でしたよ。

 

はにわの里では、毎年、企画に少しずつ変化を取り入れ、工夫を凝らしています。

「手作り感」にこだわった、会場設営・企画・食事を準備しているんです。

来年の行事にも是非ご期待ください。

 

 

 

基本手法を再確認! ~救命講習会の実施

はにわの里3Fホールにて、救命講習会を実施しました。

埼玉県央広域 桶川西分署の救急隊員3名様に、業務ご多忙のなか

ご指導頂きます。

人命に関わる内容の講習ですから、

自然と気持ちが引き締まりますね。

 

人工呼吸、心肺蘇生の手順を、ひとつひとつ再確認していきます。

 

はにわの里では、人命をお預りする施設として、救命講習・研修を

定期的に行っています。

★ 今回のように、第一線の救急隊員の方からご指導を頂く講習

★ 他、緊急時を想定したロールプレイング研修(当施設の看護師立会い)

など、都度視点を変え、様々な角度から研鑽を積めるよう工夫しています。

緊急時には「その状況に合ったベストな対応」ができるよう、日々の努力を

続けていきます。

 

私たちと一緒に働いてみませんか

こちらのホームページで、「はにわの里」に興味をもたれた方、

いらっしゃいますか?

「私たちと一緒に働いてみたい」そんな気持ちを持ってくださった方

のためにご案内です。

もし、よろしければ、こちらをクリックのうえ、ご覧ください → ご案内

テラス de さんま炭火焼き 2018

昨年、好評を博した「さんま炭火焼きイベント」。

今年も、やっちゃいました。

秋の空気もおいしい はにわの里のテラスにて。

 

 

 

 

    

 

    

 

世界レベルの音色を はにわの里で ~訪問コンサート

はにわの里にて、日本フィルハーモニー交響楽団より4名の奏者をお招きし、

弦楽四重奏のコンサートを催しました。

そう、「日フィル」と言えば、年間公演回数150回を超える、国内屈指の

オーケストラです。

 

 

クラシックの中でも、誰もが耳に馴染みのある

「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」からスタート。

繊細な音色と弾むようなテンポが、寄せては返す波のように、

はにわの里を優しく包み込みます。

後半は、「川の流れのように」や「青い山脈」など・・・

ご利用者も思わず口ずさみたくなるような選曲をしてくださいました。

日フィル奏者による「青い山脈」ですよ。

なかなか拝聴できる機会はないのでは・・・

 

最後は、演奏に合わせて「ふるさと」を皆で合唱。

典雅なのに素朴、不思議な心地よさの中、奏者との一体感を堪能しました。

 

世界レベルの奏者が醸し出す息吹を、体全体で吸収・・・

至福のひとときでした。

 

日本フィルハーモニー交響楽団

ヴァイオリン 佐藤 駿一郎 様

ヴァイオリン 竹歳 夏鈴 様

ヴィオラ   中川 裕美子 様

チェロ    大澤 哲弥 様

素敵な演奏を、どうもありがとうございました。

納涼祭 2018

はにわの里では、今年も納涼祭を催しました。

はにわの里の納涼祭の特長は、手作り感です。

職員が、日常業務の合間を縫うようにして、準備を進めてきました。

そして、多くのボランティアさんが納涼祭を支えてくださいました。

ボランティアグループの方々はもとより、職員のお子さんや、

当施設に入職検討中の方に至るまでボランティアとして参加してくださいました。

 

 

会場の準備、花火の準備・・・

 

 

 

 

そして、納涼祭当日の様子です。

はにわの里の3階ホールに出店が立ち並びます。

かき氷に、綿菓子、チョコバナナ、千本引き・・・

ご利用者様にも、ご家族様にも、ここでは童心にかえっていただきましょう。

 

 

3Fホールのステージ上では、桶川市民謡同好会様が盆踊りを披露してくださいました。

 

 

サプライズゲスト?! 埼玉県の方にはおなじみの・・・

 

 

小敷谷囃子連和太鼓の皆様による、迫力のパフォーマンス。

 

今年も、楽しく催すことができました。

手前味噌ではありますが、みんな「やりきった感」のいい表情です。