社会福祉法人 安誠福祉会

スマホメニュー
News

お知らせ

冷たいお茶を飲んで赤い羽根に募金!

梅雨明けの便りが聞こえてきて、いよいよ本格的な夏が始まりますね。

しかも今年はマスクを着用しながら一日を過ごすことになり、熱中症への対策が必要になってきます。

このようなこともあり、はにわの里にいらっしゃるお客さまや職員の利便性を考えて冷たい飲み物をいつでも買えるように自動販売機を設置しました。

 

お客様にも使いやすいように玄関ロビーに設置

 

これだけですとわざわざお知らせするほどでもないのですが、少し工夫をしました。

特別養護老人ホームは社会福祉法人が運営していますので、日々、社会のお役に立ちたいと考えています。

そこで、ペットボトルのお茶を飲んで社会貢献ができるシステムを活用することにしました。

これは埼玉県共同募金会が何社かの飲料メーカーと協力しながら進めている取り組みだそうです。

はにわの里ではこの取組に賛同し、「お~いお茶」で有名な

ドリンクを買うと赤い羽根共同募金に寄付できます

伊藤園さんの自動販売機を置かせていただきました。

 

ドリンク1本を買うとその売り上げの中から数%が

赤い羽根共同募金に寄付される仕組みになっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも今は新型コロナウイルスが気になる時期。実はこの自動販売機の全面や買うときに押すボタンには、本来は廃棄してしまうお茶殻を利用した薄緑色のシートが貼ってあり抗菌機能もあるんですよ!

 

全面の薄緑色の部分がすべてお茶殻抗菌シート!

ボタンにも抗菌シートが貼ってあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社会貢献エコ抗菌」の自動販売機。はにわの里にお越しの際はのどを潤しながら社会貢献にも参加してみて下さい!

災害訓練を実施しました!

九州など西日本では未曽有の水害が発生して多くの尊い人命が失われてしまいました。

被害に遭われた地域や皆様に心からお見舞いを申し上げます。

 

さて、はにわの里では災害を想定した訓練を年2回実施しています。

夏の訓練を先ごろ実施いたしました。

今回は「食堂の厨房から出火!」を想定して実施しました。

 

 

まずは、火災報知機と各種の消防設備の機能や操作方法を実地で確認しました。

 

防災放送機器を確認

 

次に地元消防署に訓練であることを事前に通報した上で、実際に厨房の火災検知器を作動させました。

館内に大きなアラームと放送が鳴り響いてびっくりしましたが、それぞれの機器が問題なく作動することも確認できました。

 

その後、ご利用者に扮した職員を車椅子で介助しながら避難したり、シーツを利用して簡易タンカをつくり避難できることを確認。

訓練参加者が全員避難完了したことを確認できました。

 

シーツを利用した救助作業

 

 

 

最後に消火栓の操作に移り、実際に放水操作も体験しました。

 

放水訓練

 

 

放水訓練

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういった災害が発生しないことが一番ですが、万が一の備えはしっかりしておき、絶対に来て欲しくない「もしもの時」のために万全を期しておきたいと思います。

はにわの里の織姫と彦星が七夕飾り!

玄関の七夕飾り

夏の大祓が過ぎ、もうすぐ七夕さまですね!?

はにわの里では毎年、七夕飾りをご利用者さんと職員が一緒に飾り付けをしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

短冊は6月からご利用者さん、ご家族をはじめ施設職員が願いごとを書いたりして準備し始めました。
そしてこの日は、多くの利用者さんにも願い事を書いていただき、笹に短冊を付けていただきました。

 

短冊に願いを込めて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奇麗な七夕のお飾り

上手に短冊が付きました

願い事が叶うようにV!

 

手の空いている職員も短冊付けをお手伝い。
利用者さんと一緒にケアワーカー(CW)をはじめ、生活相談員、ケアマネージャー、管理栄養士、事務室職員や施設長も一緒に楽しませていただきました。

どんな願い事?

 

短冊を笹に付けましょう

 

 

 

 

 

 

お願いごとの内容は㊙ですが(笑)、やはりコロナの終息を願うものが多かったように思えます。

七夕が過ぎると梅雨明けの声も聞こえてきます。はにわの里は今日も元気です!

 

今年の七夕飾りも力作!

 

梅雨が来る前に♪  ~若手の提案を活かして~

まもなく梅雨に入ります。梅雨の必需品と言ったら傘ですね。

雨の時はとても大事なものですが、雨が上がるとついつい扱いが疎かになってしまうのも傘だと思います。

 

はにわの里では玄関先に傘立てが置いてあるのですが、誰の傘か分からない物もあったりして、雑然として見苦しい感じがありました。

そうしたところ若手のケアワーカーから「玄関の傘立てを整理して見栄えを良くしたら」と提案がありました。

 

 

 

 

 


早速、施設内で検討して、これまで一つしかなかった傘立てを「お客様用」と「職員用」の二つに区分して、誰の傘か分かりやすくしました。

さらに工夫して、放置されたまま所有者が分からなかった傘で使用が可能な物は、「共用・ご自由にお使いください」とシールを貼って、急な雨で傘がないお客様に自由にお使いいただくようにしました。

 

 

写真はビフォー&アフターです。

介護の技術だけでなく、ちょっとした気遣いもケアワークの一部。

はにわの里では、職員の提案などを活かしながら、ご利用者やご家族が少しでも安心して過ごせるような取り組みをこれからも続けてまいります。

 

 

 

 

 

 

 

職員用の傘立て 「共用」のシールを貼って貸し出します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のおやつはショッピング体験の後に

新型コロナウイルスの緊急事態宣言は解除されましたが、まだまだ油断は禁物。

とは言え、ちょっとした気分転換の楽しいひと時は過ごしたいものです。

 

いつもは市内のショッピングセンターなどに出かけて簡単なお買い物を楽しんだりしますが、今回は室内でのショッピングを楽しんでいただくことにしました。

マドレーヌやカステラ、フルーツゼリー、バナナなど三時のおやつを自分で好きなものをお選びいただいて、緑茶などと一緒に楽しんでいただきました。

 

いつもとは違った雰囲気でのティータイム♪

感染防止を図りながらでも楽しんでいただけたようです。

 

新型コロナウイルスの感染防止に向けて

新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が延長されました。
さきにお知らせしたところですが、面会につきましては引き続き中止とさせていただいております。
また、業者さんをはじめ外部から来られた方には消毒と検温をお願いしておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

施設内では、職員であっても居室スペースに入る場合には必ず前後に消毒をすることを徹底するのに合わせ、空気清浄機も置いて万全を期しております。

また、ご家族との面会がなかなかできないことから、介護部門と事務部門が協力して、ご利用者さんのご様子を写真にしてご家族にお送りしております。中には礼状をいただけたりして、職員にとって大きな励みになっております。
新型コロナウイルスなどの感染防止に向け、全職員を挙げて取り組んでまいりますので、時節柄皆様にもご自愛いただきながら、引き続きのご理解とご協力をお願いいたします。

玄関ロビーや居室入口に消毒液を配置して、空気清浄機も設置

ご利用者さんのスナップの数々とご家族からいただいたお手紙

 

菖蒲のお花を添えて八十八夜を楽しみました♪

♪夏も近づく 八十八夜~♪
今日は八十八夜です。

はにわの里ではこういった行事を大事にして、入所さんと職員が季節を感じながらふれ合う機会を設けています。

香りの良い新茶と食べやすいように工夫した柏餅で楽しんでいただきました。

職員のリードで、「茶摘み」や「こいのぼり」の歌も出てきて、この日のために飾った菖蒲の花もひときわ奇麗でした。

ご家族様や納入業者様へのお願い

現在、新型コロナウイルスへの対応が急務となっております。

このため、当施設ではご利用者を新型コロナウイルス感染から

守るため、「面会禁止」とさせていただいております。

 

ご利用者やご家族様には、大変ご迷惑をお掛けしますが、

時節柄、ご理解とご協力をお願いいたします(なお、特別な

事情がある場合は事前にご相談ください)。

 

また、物品などの納入業者様にも感染防止の観点から、いつにも

増して消毒や検温などの衛生管理を徹底するようお願いしておりま

す。引き続きご協力をお願いします。

新型コロナウイルスへの対応につきまして

当施設におきましては、県などのご指導をいただきながら、

ご利用者の感染防止に向けた取組を徹底するため、面会や施設

への立ち入りの際に一定の制限をお願いしております。

 

また、施設内や納入物の消毒を徹底しており、職員だけでなく

納入業者様にもマスクの着用や作業前の体温チェックなどをお願い

する取組を行っております。

 

これからも全職員をあげて感染防止に努めてまいります。