社会福祉法人 安誠福祉会

スマホメニュー
News

お知らせ

少し早いクリスマスプレゼント! ~県の「多様な働き方実践企業」と「介護人材採用・育成事業者」に認定~

カレンダーも最後の1枚になり、12月もあとわずかとなってきました。

この時季で待ち遠しいのはクリスマスですね。

この前お知らせしたとおり、はにわの里でも職員が工夫を凝らしてクリスマスを盛り上げています。

そのためなのか少し早いクリスマスプレゼントがはにわの里に届きました!

サンタさん?が来たのは北欧フィンランドからではなく、埼玉県からでした。

 

カウンターに二つの認定証が堂々と!

 

 

一つは、県から「多様な働き方実践企業」に認定されました!

この「多様な働き方実践企業」というのは、埼玉県が進めている女性の力で埼玉経済を元気にする「埼玉版ウーマノミクスプロジェクト」の一環として“仕事と子育て等の両立を支援するため、短時間勤務やフレックスタイムなど多様な働き方を実践している企業等を県が認定(県HPから)”するものです。

 

多様な働き方ステッカー

 

 

 

具体的には、女性が多様な働き方を選べる、法定義務を上回る短時間勤務制度等が職場に定着、出産した女性が現に働き続けている、などを実践している職場が対象とのこと。はにわの里の今までの取り組みが評価され認定されました。

 

 

 

 

 

 

しかもはにわの里は、今までも「ゴールド」に認定されていたのですが、今回は最高位の「プラチナ」に認定されました。埼玉県内では、3,351社(令和2年12月現在)の企業がこの多様な働き方実践企業に認定されていますが、その中でもプラチナに認定されているのは300ほどの約1割。はにわの里にとって大きなプレゼントとなりました!

※詳しくは「埼玉県多様な働き方実践企業」からプラチナ認定企業→社会福祉法人安誠福祉会 はにわの里」で

 

 

もう一つは、新たに「埼玉県介護人材採用・育成事業者」への認証!

 

知事からの介護人材育成認定証

 

 

この制度は、“介護サービスを提供する施設などが行う取組のレベルアップや職員育成の促進とともに、その「見える化」によって、新たな人材の参入が図られ、その結果、埼玉の福祉が一層向上することが目的(県HPから)”とのことです。

そのため、はにわの里では「取組宣言」として、『職員の働きやすい環境を整備し、人材の確保・育成を積極的に進めるとともに、利用者サービスの向上や社会貢献にも努めることで、埼玉の福祉向上に貢献する』ことを宣言し、知事に提出しました。

 

介護人材育成ステッカー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご利用者さんに良い介護サービスを提供するためには、職員が働きやすく、いきいきと輝いていることが一番。はにわの里はこれからも介護の金メダルを目指していきます!