社会福祉法人 安誠福祉会

スマホメニュー
News

お知らせ

「最新」を学んで。

令和2年9月17日、褥瘡(じょくそう)予防等の研修を行いました。

「褥瘡」とは同じ体勢で寝たきりになっていると、局所的な血行不良が起こり、ただれたり傷ができたりすることです。「床ずれ」と言うこともあります。

出席者はファインハイムの褥瘡委員会で、講師は体圧分散マットの事業者様です。

 

 

 

 

 

 

 

 

新型コロナウィルス等の感染予防のため、研修はリモートで行いました。

研修では、褥瘡を予防するためのマットの種類や事故事例等について学習しました。

また、褥瘡対策のみでなく、誤嚥性肺炎や転倒、転落などについての学習もしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

専門的な事業者様の研修は新しい知識や技術を学ぶだけでなく、日頃の業務を見直すきっかけにもなりました。

医療福祉のテクノロジーは日進月歩しています。

感染予防に努めながら、今後も積極的に学習を重ねてまいります。