社会福祉法人 安誠福祉会

スマホメニュー
News

お知らせ

今年の納涼祭は工夫をこらして!

 酷暑が続いた今年の夏も少しずつしのぎやすくなってきました。

 はにわの里では、毎年この時期に「納涼祭」を行っています。しかし今年は新型コロナウイルスへの感染予防のため、残念ながら規模を縮小して実施せざるを得ませんでした。

一緒に踊るの楽しいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのため春先から実行委員長(施設のケアワーカー)が中心となって、「小さいながらもどう工夫したら楽しんでもらえるか」をテーマに検討を重ねてきました。

 

手作りのお神輿です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンルームにも神輿渡御!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ケアワーカー、看護師、管理栄養士、事務職などがそれぞれの立場で案を出してこの日にこぎつくことができました!

 

 

みんなで東京音頭!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなで一緒に!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  本番当日はケアワーカー、看護師、管理栄養士、生活相談員、歯科衛生士、事務など職員総出!

  ご利用者さんも踊れる方は一緒に踊ったり、大うちわで声援を送っていただいたり、車椅子に乗りながらケアワーカーの介助で一緒に列になって踊りを楽しんでもらえました。

 

廊下を一列になって

 

 

 

 

 

 

 

 

ひと踊り済んで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 お祭りはもともとは五穀豊穣を感謝したり、疫病などの終息を祈るためだったようです。

 

 

 

水分を補給!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからおやつタイム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新型コロナも早く終息して、来年の納涼祭はいつもどおり、ご家族やボランティアさんなどと一緒に賑やかに楽しむことができるようにしたいものです。