社会福祉法人 安誠福祉会

スマホメニュー
News

お知らせ

災害訓練を実施しました!

九州など西日本では未曽有の水害が発生して多くの尊い人命が失われてしまいました。

被害に遭われた地域や皆様に心からお見舞いを申し上げます。

 

さて、はにわの里では災害を想定した訓練を年2回実施しています。

夏の訓練を先ごろ実施いたしました。

今回は「食堂の厨房から出火!」を想定して実施しました。

 

 

まずは、火災報知機と各種の消防設備の機能や操作方法を実地で確認しました。

 

防災放送機器を確認

 

次に地元消防署に訓練であることを事前に通報した上で、実際に厨房の火災検知器を作動させました。

館内に大きなアラームと放送が鳴り響いてびっくりしましたが、それぞれの機器が問題なく作動することも確認できました。

 

その後、ご利用者に扮した職員を車椅子で介助しながら避難したり、シーツを利用して簡易タンカをつくり避難できることを確認。

訓練参加者が全員避難完了したことを確認できました。

 

シーツを利用した救助作業

 

 

 

最後に消火栓の操作に移り、実際に放水操作も体験しました。

 

放水訓練

 

 

放水訓練

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういった災害が発生しないことが一番ですが、万が一の備えはしっかりしておき、絶対に来て欲しくない「もしもの時」のために万全を期しておきたいと思います。