社会福祉法人 安誠福祉会

スマホメニュー
News

お知らせ

クリスマス会&お花いただきました!

本年も大変お世話になり、ありがとうございました。

12月23日クリスマス会を開催しました!

今年度は、新型コロナウイルス感染対策の為2階・3階の各フロアにて午前、午後と分けて行いました。

職員による出し物でハンドベルの演奏をしクリスマス気分を味わってもらいました。

演奏曲は、聖しこの夜・ジングルベルの2曲を披露し利用者の中には手拍子や鼻歌を口ずさむ方もおり楽しんでいる様子でした。

職員はこの日のために一生懸命練習をしたので喜んでいただけて何よりです!!

     

 

また、施設長によるサックスの演奏も行いました。

特に「上を向いて歩こう」は懐メロで盛り上がっていました!

 

最後にサンタさんからクリスマスプレゼントがありました!!

    

 

 

先日、川田谷社会福祉協議会より「シンビジウム」を頂きました。

早速、デイルームに飾らせていただきました。緑色の観葉植物が多かったので華やかになりました。

ありがとうございます。

     

 

皆様、良いお年をお迎えください。

お正月まであとわずか(餅つき大会)。

年の瀬も押しせまってまいりました。

令和2年12月27日、餅つき大会をしました。

まずは、ふかしたもち米を杵と臼ですりつぶします。

これが餅の出来栄えを左右する、重要な作業です。

ある程度になったところで、最初は職員が餅をつきました。

 

餅つきは各階に分散して行いました。

「よいしょお」「よいしょお」

掛け声をかけながら、皆さまにも餅をついていただきました。

必要な方にはお手伝いをさせていただきました。

 

皆さまのおかげで、餅が出来上がりました。

ツルツルのモチモチです。

大勢の方についていただく餅つきは、とても楽しいですね。

 

お正月まであとわずかですね。

皆様についていただいたこの餅のように、

ファインハイムはやわらかく、粘り強く頑張ってまいります。

今後ともよろしくお願いいたします。

心も身体も温かく(ゆず湯、クリスマス会)。

12月21日は冬至ですね。

ファインハイムでは12月21~25日をゆず湯週間として、毎日、お風呂にゆずを浮かべました。

 

湯けむりが立ち込める浴室に、ほんのりとゆずの香りが。

ゆずはファインハイムでご用意したもののほかに、ご寄付いただいたものもあります。

皆さまのご厚志に感謝申し上げます。

 

 

また、12月24、25日は、午後からデイケア(通所リハビリテーション)でクリスマス会を行いました。

 

まず、職員が変装してご利用者の皆さまにクリスマスカード、ビンゴカード、抽選くじをお届けしました。

 

続いてビンゴ大会、抽選会を行いました。

番号が読み上げられるたびに、「リーチ!」「ビンゴ!」といった声があがります。

当選された方には職員が、景品をお届けしました。

残念ながら当選されなかった方にも、心ばかりの品をお届けしました。

 

ゆず湯、クリスマス会というと、いよいよ年末という感じがしますね。

寒い冬がやってきましたが、ご利用者の皆さまがファインハイムで、

心も身体も暖かくしてお過ごしいただけたらと存じます。

これからも、おもてなしの心を大切に頑張ってまいります。

 

はにわの里のクリスマス ~そして令和2年を振り返って~

先日、毎年恒例のクリスマス会が行われました。🎄

言葉で表すより、その雰囲気を写真でお届けします。

 

完璧な準備があっての楽しいクリスマス

トナカイとサンタが出発!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サンタさんと一足早い「ハイ、ピース!」

プレゼントは何だろう?

喜んでくれました?

サンタの帽子は暖かそう!

12月が誕生日の方にはお花もプレゼント!

はにわサンタとトナカイはどこにでも!

クリスマス委員長のMCでスムーズな進行

「踊るはにわ」ならずサンタとトナカイ

余興もありますよ!

 

THE 二人羽織で人気を独占!

館内は笑いの渦に!

笑顔が何よりのエネルギー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

🔶

 

さて、今年もあとわずかになりました。📅

この一年を一言で言い表せば「新型コロナ対応」に尽きると思います。

市内はもとより埼玉県内、日本国中の関係機関がこの新型コロナウイルス感染症への対応に奔走されたと言っても過言ではありません。

 

お陰様ではにわの里ではご利用者様はもちろん職員も誰一人の感染者を出すことはありませんでした。

日頃の地道な対応が実を結んだものと思っておりますが、一方でそれに慢心することなく改めて身を引き締めていかなければならないと感じています。

 

「安全第一」を考え、いつも応援していいただいているボランティア様による訪問や近くの保育園児さんとの交流、またご利用者様の外出などは、その多くが取り止めや規模縮小を余儀なくされ、施設職員としてはとても残念な気持ちでいっぱいです。

 

一方で、日頃からご支援いただいている医療関係者、お取引のある事業者、地元地域、関係行政機関の皆様には、格別のご理解をいただき、施設業務が円滑に進むよう、多大なご協力をいただきました。改めて厚く御礼申し上げます。

 

来年には、感染症が終息し、また、以前の日常がはにわの里だけではなく皆様の身の回りに戻ってくることを心から祈念し、あわせて正夢となるように願っております。

 

この一年間の御支援、本当にありがとうございました。

どうそ、良い歳をお迎えください。🎍

 

特別養護老人ホーム はにわの里 職員一同

少し早いクリスマスプレゼント! ~県の「多様な働き方実践企業」と「介護人材採用・育成事業者」に認定~

カレンダーも最後の1枚になり、12月もあとわずかとなってきました。

この時季で待ち遠しいのはクリスマスですね。

この前お知らせしたとおり、はにわの里でも職員が工夫を凝らしてクリスマスを盛り上げています。

そのためなのか少し早いクリスマスプレゼントがはにわの里に届きました!

サンタさん?が来たのは北欧フィンランドからではなく、埼玉県からでした。

 

カウンターに二つの認定証が堂々と!

 

 

一つは、県から「多様な働き方実践企業」に認定されました!

この「多様な働き方実践企業」というのは、埼玉県が進めている女性の力で埼玉経済を元気にする「埼玉版ウーマノミクスプロジェクト」の一環として“仕事と子育て等の両立を支援するため、短時間勤務やフレックスタイムなど多様な働き方を実践している企業等を県が認定(県HPから)”するものです。

 

多様な働き方ステッカー

 

 

 

具体的には、女性が多様な働き方を選べる、法定義務を上回る短時間勤務制度等が職場に定着、出産した女性が現に働き続けている、などを実践している職場が対象とのこと。はにわの里の今までの取り組みが評価され認定されました。

 

 

 

 

 

 

しかもはにわの里は、今までも「ゴールド」に認定されていたのですが、今回は最高位の「プラチナ」に認定されました。埼玉県内では、3,351社(令和2年12月現在)の企業がこの多様な働き方実践企業に認定されていますが、その中でもプラチナに認定されているのは300ほどの約1割。はにわの里にとって大きなプレゼントとなりました!

※詳しくは「埼玉県多様な働き方実践企業」からプラチナ認定企業→社会福祉法人安誠福祉会 はにわの里」で

 

 

もう一つは、新たに「埼玉県介護人材採用・育成事業者」への認証!

 

知事からの介護人材育成認定証

 

 

この制度は、“介護サービスを提供する施設などが行う取組のレベルアップや職員育成の促進とともに、その「見える化」によって、新たな人材の参入が図られ、その結果、埼玉の福祉が一層向上することが目的(県HPから)”とのことです。

そのため、はにわの里では「取組宣言」として、『職員の働きやすい環境を整備し、人材の確保・育成を積極的に進めるとともに、利用者サービスの向上や社会貢献にも努めることで、埼玉の福祉向上に貢献する』ことを宣言し、知事に提出しました。

 

介護人材育成ステッカー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご利用者さんに良い介護サービスを提供するためには、職員が働きやすく、いきいきと輝いていることが一番。はにわの里はこれからも介護の金メダルを目指していきます!

来年が良いお年となりますように(忘年会)。

今年もあとわずかとなりました。

令和2年12月20日、忘年会を行いました。

午前中は各階で、ご利用者の皆さまに職員による余興をお楽しみいただきました。

 

1階では「箱の中身はなんだろな」ゲームをしました。

ご利用者の皆さまに箱の中身を触っていただきながら、箱の中身を当てていただきました。

会場からもヒントや答えも飛び出して、楽しいクイズゲームになりました。

 

2階ではピンクレディが登場しました。

会場は明るく華やかなムードに一転します。

6人のピンクレディがお馴染みの曲に合わせて、華麗なダンスを披露しました。

 

3階では、「二人羽織り」です。

ファインハイムの職員が出勤前に整容して、朝ご飯を食べるのですが、

何故かこんなことになってしまいました。

会場に笑いが巻き起こります。

 

そして、夕方からは食事パーティです。

厨房職員が腕によりをかけました。

カニご飯が美味しそうですね。

海の幸、山の幸がふんだんに使われています。

 

皆さま、お楽しみいただけましたでしょうか。

皆さまにとって来年が良いお年となりますように。

安心で安全なご面会を(窓越しのご面会 冬仕様 その2)。

師走に入り、冬らしい気候になってきました。

夏場から始めた窓越しのご面会は、現在も継続しております。

ご利用状況は、

 

延回数  1日の平均回数

7月      112         3.6

8月      130         4.2

9月      131         4.4

10月    139         4.6

11月    146         4.9

合計延べ回数は658回、1日平均4.3回となっています。

本日まで多くの皆さまに安全にご利用いただいています。

 

また、窓越しのご面会は、寒冷と感染予防のためにいくつかの仕様変更をしました。

まず、まぶしさの軽減、プライバシー確保等のために、面会用の部屋の中に「日よけ」を設置しました。

変更前

変更後

 

次に、サッシを閉めて耳掛けマイクとスピーカーをご使用いただくようにしました。

マイクはご使用の都度、職員がアルコールで丁寧に除菌しています。

 

そして、サーマルカメラ(自動で体温を測定する機械)を玄関に設置しました。

ご面会前に、ご来館の皆さまに自動で検温していただいています。

 

窓越しのご面会は、入院中にご面会ができなかった方、関係者間での感染のご心配をされている方、

施設に入所するともう二度とご家族と会えなくなってしまうのではないかとご心配されていた方等から、

ご好評をいただいております。

これからも、皆さまに安心で安全なご面会を続けていただけますよう、感染症予防に努めてまいります。

 

はにわの里にサンタさん!?

早くも年末、12月に入りました。

今年は新型コロナの影響で生活が一変してしまいました。戸外へのお出かけもできずとても寂しい思いです。

それでもご利用者さんが楽しみにしているクリスマスはやってきてくれます。

 

 

事務室にもX’masリース

 

この時期、施設内でもクリスマスの飾り付けが行われ、きれいに仕上がりました。

 

 

ロビーのミニツリーにも時節柄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年、ケアワーカーなどの職員が協力しながらの作業となります。

 

 

 

 

居室の入り口にもクリスマスリース

ケアステーションも飾り付け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飾り付けが進んでいくのに合わせご利用者さんの華やいだ顔を見られ、やりがいを感じられるひと時です。

 

天井にも飾り付け

壁にはサンタクロース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               ♦ 

 

そんな中、一足早いサンタさんが、はにわの里を訪れてくれました。

桶川市内の花卉農家さんが、桶川市の取り組みに応えて、ピンクと黄色の素敵な二鉢のシンビジウムを届けてくださいました。

 

 

シンビジウムと市内の花卉農家さん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンビジウムの花言葉に「誠実な愛情」、「飾らない心」があるとか。はにわの里の職員にピッタリです!

できればご利用者さんの目に直接触れる場所にと思っていたのですが、シンビジウムはあまり暖かい場所は好まないとか。そのため玄関に飾らせていただきました。ありがとうございました。

 

 

 

ピンクと黄色の素敵なシンビジウム

 

 

 

はにわの里のクリスマスも本番までもうすぐです

さて、なんでしょう?

令和2年11月18日、デイケア(通所リハビリテーション)でジェスチャー大会をしました。

 

トップバッターから熱演です。

さて、これはなんでしょう?

 

会場から元気なお声が聞こえました。

「忍者!」「正解です!」

 

次々とモノマネ名人たちが登場しました。

皆さまは何のジェスチャーかおわかりになりますか?

 

「太鼓を叩いている!」「ペンギン!」

難しい問題の時には進行係からヒントも。

「芸能人のあの人です!」

次々と声が上がります。どんどん盛り上がってきました。

 

ご利用者にもジェスチャーをしていただき、皆さんに答えていただくというシーンもありました。

会場中に笑顔や拍手が広がります。

皆さまのご理解とご協力に、感謝を申し上げます。

 

続いて、前回ご好評をいただいた「よさこいソーラン踊り」です。

ご利用者の皆さまから「もう一度見たい」とのご要望をいただいての再演となりました。

 

言葉にしないで考えていることを伝えるというのは難しいですが、楽しいですね。

ご利用者の皆さまには、上手く伝わりましたでしょうか?

これからも、ご利用者の皆さまにお楽しみいただけるよう頑張ってまいります。

 

冬の夜空は空気が澄んで。

令和2年11月13日、快晴です。

 

ファインハイムのベテラン職員が玄関先で作業をしていました。

 

作業は完了です。

遠目で見る限り、特に変化がないように見えますね。

ですが…。

 

冬の夜空は空気が澄んでいて、透き通るようですね。

ベテラン職員はイルミネーションの装飾をしていたのでした。

 

ちなみに、中庭はこんな感じです。

 

ファインハイムの玄関と中庭のライトアップは年明けまで行う予定です。

ご利用者、ご家族、地域の皆様等、できるだけの多くの皆さまに、

お楽しみいただき、また貢献できれば存じております。